矯正治療は,まず小児期・成長期に行う治療と,すべて永久歯にはえかわった後に行う治療で大きくわけられます.小児期・成長期に行う矯正治療では,出っ歯や受け口がひどくならないよう上あごと下あごの関係がよくなるように骨格を誘導したり,永久歯のはえるスペースを確保したりと永久歯がはえそろうまでいろいろな方法でアプローチしていきます(この時点で終了・経過観察する場合もあります).その後,永久歯にブラケットとよばれる装置やワイヤーを使用し詳細な部分まで歯並び,かみ合わせを整えていきます.永久歯のはえそろっている場合の矯正では,骨格の問題などなければさっそくブラケットとワイヤーを装着し矯正をはじめていきますが,歯をならべるもしくはひっこめるスペースがない場合,主に小臼歯という歯を抜歯させていただくこともあります.レントゲンや歯の模型で計測し判断します.ブラケットとワイヤーを用いる全顎的な治療は,矯正専門医が対応させていただきます.


成人の方で軽度の歯列不正の場合,透明なマウスピースで矯正することも可能です.矯正していることを他人から気づかれにくく,歯ブラシもマウスピースをはずしてしっかり行えます.ただし,症例によっては不適応な場合もありますのでご相談ください.