上重歯科医院では,いわゆる親知らずや過剰歯の抜歯も行っています.

親知らずも過剰歯も,はえてくる場合とはえてこない場合があり,レントゲン検査で確認しますがいずれも抜歯せず経過観察していくケースも多くみうけられます.ただし親知らずは一番奥にはえてくるため歯ブラシが届きにくく,むし歯ができやすかったり,親知らずのまわりの歯ぐきが腫れやすくなってしまうことがあり注意が必要です.

痛みや歯ならびを悪くする原因になっていたり,親知らず自体は問題はないけれど隣り合う歯に悪影響をおよぼしている場合などは,患者さんのご希望優先ですが抜歯するケースもあります(治療することにより抜歯しなくてもよいケースもあります).とくに下あごの親知らずは,太い神経や血管が通っている下顎管が近くにあることが多く,抜歯する場合に情報収集のためCT撮影をさせていただくこともあります.

上・下親知らず抜歯前

上・下親知らず抜歯後



歯根の先端にむし歯の感染が波及し慢性化してしまうと,肉芽腫やのう胞とよばれる病的な袋状のものができてしまいます.歯根の治療を行っても治りの悪い場合や歯根の先にひびが入っている場合は,感染した歯根の先端部の切除と病的な袋状のものの摘出を行います.その際,親知らずの抜歯の時と同様に情報収集のためCT撮影をさせていただくこともあります.ご質問等ありましたらお気軽にお尋ねください.

歯根端切除術およびのう胞摘出前

歯根端切除術およびのう胞摘出後